扁額 : 大徳寺 高田明浦管長筆


ご案内 木村好博の作陶歴 作品の紹介 天目釉について 建窯を知ろう お問い合わせ



天目釉について



   黒い「うわぐすり」のかかった焼き物を、我が国では俗に“天目”と呼んでいます。
   この書き出しに始まる小山富士夫先生の著『天目』に、青磁と天目は幽玄な精神をたたえた
   東洋独特の焼き物であると共に東洋最古の釉薬のかけられた焼き物と記載されています。
   青磁と天目は水墨画と同じく中国に起こり、これに隣接する国々がその影響を受けて作るよ
   うになった東洋だけに発達した焼き物であります。
    また我が国では、世界一青磁と天目の名品を保有する国といって過言ではありません。
 
   青磁と天目は共に釉薬に含まれる鉄分の含有量によって焼成時に異なった色の変化を見る
   もので、いわゆる焼成によって酸化鉄の影響をコントロールしてできた焼き物です。
   大きく異なるとすれば青磁が還元焼成であるのに対し、天目は還元、酸化のどちらの焼成で
   も可能である点といえるでしょう。
 
   中国古越州の時代から焼かれていたとされる青磁と天目は、宋時代に入って北部で採掘さ
   れ始めた石炭を燃料とする事により、大きな変化をみせてゆきます。
   石炭燃料は還元焼成が難しく、青磁は黄ばみをおびるか、灰色になってしまうからです。
   このため青磁は中国の南、特に浙江省が主産地となりました。

   天目はと言えば、もともと還元焼成では青黒く、石炭燃料の酸化焼成では赤黒くなる特徴が
   あり、概して薪を燃料にしていた中国南の建窯の天目は青みをおびた黒は美しく、天目の産
   地となっています。
   中国の中でも、建盞もしくは烏盞と呼ばれている福建省建陽の窯で焼成された天目茶椀は、
   天目のうちでも最も主要をなしていたものといえます。

    それは『嬉遊笑覧』の中に
   「建窯の釉に斑点のあるものを星建盞と云ふ。星あるにより天目と称す。後に至りて此の点な
   きものにても同種のものを概して天目と云ふ。」 と書かれている事、また、鎌倉時代に中国に
   渡った禅僧達が、天目山から持ち帰った建盞を天目と呼んだのがその言語とされているなど、
   さまざまな説がありますが、建窯で焼成された建盞を天目と呼び、今日に至っているのが確か
   である様に思われます。
 
   建窯で焼成された天目は建盞天目を主とし、玳皮天目・木葉天目・河南天目・高麗天目・瀬戸
   天目・白天目等々いろんな名称が付けられていますが、これら全て、もしくは黒い釉薬で焼成
   された焼き物を一般に天目と呼んでいるのです。

                    2004年5月作成(小山富士夫著『天目』参考)




天目の名盌

 国   宝
(種類) (所有)
曜変天目盌 静加堂
曜変天目盌 竜光院
曜変天目盌 藤田美術館
油滴天目盌 酒井家
玳皮天目盌 宮脇家


重要文化財
(種類) (所有)
曜変天目盌 野尻家
油滴天目盌 竜光院
油滴天目盌 佐々木家
亀甲天目盌 鴻池家
木葉天目盌 竹内家
黒釉金彩盌 世界救世教
定窯柿釉盌
金彩蝶牡丹 井上家
....................................................................................................................................................................

ご案内 | 木村好博の作歴 | 作品の紹介 | 天目釉について | 建窯を知ろう | お問い合わせ

Copyright(C) 2010 touzangama kimuratoubou All Right Reserved.
画像や文章の無断転載はご遠慮ください。